Product Hunt(プロダクトハント)で気になったプロダクト 2019年11月9日(Murkstom)

雑記・その他

Product Huntはユーザー投稿型のサイトで、作成したプロダクトに関する概要を投稿することができるようになっています。投稿に対してはユーザーが投票できるようになっており、日毎/週毎/月毎にその日のNo.1のプロダクトが決定され、Product Huntで上位になったプロダクトはちょっとした箔が付く感じになります。

Product Huntで11月9日に投稿されたプロダクトのうち、個人的に気になったものをいくつか紹介していきます。

Murkstom

概要

MurkstomiOS/Android用のモバイルアプリをコーディング無しで作成するためのサービスです。既存のウェブサイト、ワードプレスで作成したブログをモバイルアプリ化できる他、Googleスプレッドシートを使ってアプリのUIを作ることができます。

ちなみにスプレッドシートでアプリを作るサービスとしては、Glideというサービスも以前に投稿されています。Glideウェブアプリを作成することが可能でしたが、MurkstomAndroid/iOSにインストールできる形式のアプリを作成可能です。Glideについては下記の投稿をご参照ください。

使い方

ユーザー登録をするとアプリの管理画面が表示されます。ここでアプリ名を入力したり、使いたい機能を有効にします。

アプリ設定画面

ワードプレスブログのアプリ化を行うには、ブログのURLを入力するだけでOKです。

ワードプレスサポート

またGoogleのAdMobも組み込むことができるようです。Unit IDを入力して、バナーの場所を指定するだけで広告を表示することができるようです。ちゃんとマネタイズまでできるのは嬉しいですね。

AdMobサポート

この後はトップメニューから「Build」、「Download」するだけでAndroid用のAPKファイルとiOS用のIPAファイルがダウンロードできるようですが、無料プランでは利用できませんでした。

料金プラン

無料プランは現在準備中、月額9ドルのスタータープランでは一通りのアプリは作れますが、ブログの投稿数/スプレッドシートの行数が50に制限されていたり、AdMobが使えなかったりします。またMurkstomのブランドが表に出てしまいます。

月額19ドルのプロプランではブログの投稿/スプレッドシートの行数が1000まで拡張され、AdMobも利用できます。そしてMurkstomブランドは表示されなくなります・

月額29ドルのエンタープライズプランでは、ブログの投稿数/スプレッドシートの行数が無制限になります。またAdMobの広告についてはバナー広告だけでなく、インターステーシャル広告にも対応できるようになります。

料金プラン

コメント