Affinity Designerでクリッピングマスクを使って写真を切り抜く手順

雑記・その他

Affinity Designerとは?

Affinity Designer (アフィニティデザイナー)はベクタ画像を取り扱うグラフィックデザインソフトです。Adobeの出しているソフトでいうとIllustrator (イラストレータ)に当たります。

操作方法こそAdobe Illustratorとは異なりますが、グラフィックデザインの基本的な機能を使う分には問題なく利用できます。僕はAdobe最後の買い切りバージョンであるCS6をずっと使っていたのですが、古いバージョンのせいか流石に重いと感じる場面が増えてきました。かといってAdobe CCに乗り換えるのも高く付くし、GIMPやInkscapeもイマイチ使い難く、ちょうど良い代替ソフトを探していたところAffinity Designerに行き着きました。

Affinity Designerは買い切り6,100円です。Adobe CCシリーズのように月額課金をする必要はありませんので経済的です。

またAdobe Illustrator CS6と比較するとかなり軽くてストレスが全然たまりません。mac版、Windows版の他にiPad版もリリースされているため、iPadを使いたい人にも良い選択肢だと思います。

Affinity Designerでクリッピングマスクを使う手順

写真を特定の形に切り抜きたいときが結構あると思います。Affinity Designerはプリセットされている図形の数も豊富なので、ちょっと凝ったデザインも簡単に作れます。

手順1 : 写真を配置する

まずは写真を取り込みます。アプリの外からドラッグ&ドロップすればOKですが、写真が大きすぎる場合はアートボードからはみ出してしまってうまく操作できません。

そのときは右下にある「変換」タブでサイズと位置を調整しましょう。X, Yをそれぞれ0にすると左上の位置にピタッと収まります。

手順2 : 図形を配置する

左サイドバーにある図形マークをクリックすると図形の一覧が表示されます。好きな図形を選択した後、アードボードのエリアに図形を配置しましょう。

手順3 : 写真と図形を重ねる

図形を配置したら、写真と図形を重ね合わせてみましょう。図形が選択されたままだと移動ができないので、左上のマウスカーソルを選択するか、escキーで選択モードに戻りましょう。

手順4 : クリッピングマスクをかける

いろいろ最後の仕上げです。右サイドバーの「レイヤー」タブになる「図形のレイヤー」をクリックし、「写真のレイヤー」にドラッグ&ドロップしましょう。

これを逆にしてしまうと、雲形の図形が大きい写真のエリアでクリップされるというよくわからないことになるので注意が必要です。

これで完成です。クリップされた画像は単体で移動でき、レイヤー上も一つのレイヤーとして扱えるようになります。

コメント