【アメリカ生活】アメリカでも生で食べられる卵「Pasteurized Eggs(低温殺菌された卵)」

アメリカ生活

アメリカでは一般に卵の生食はされていません。ですが日本人である以上、無性に卵かけご飯が食べたくてたまらない時があります。そんな時に助かるのが、「Pasteurized Eggs(低温殺菌された卵)」と呼ばれるカテゴリの卵です。Davidson's(デビッドソンズ)というブランドのものが手に入りやすいと思います。

そもそも何で生で食べられないのか?

何故アメリカでは卵を生で食べられないのでしょうか?

アメリカでは卵は十分に火を通して食べるような食文化になっています。卵がサルモネラ菌に汚染されている可能性があるためです。70℃で1分間加熱することで殺菌できますので、ポーチドエッグのような半熟卵は食べられますが、完全に生のものを食べることはありません。

一方、日本には卵を生で食べる文化があるため、殺菌された卵が一般に販売されています。日本と同じように殺菌処理された卵を買えば生食可能というワケですね。「Pasteurized Eggs」と呼ばれる卵がこれに当たります。

Davidson's(デビッドソンズ)は何故生でも食べられるのか?

Davidson's(デビッドソンズ)は低温殺菌されているので、生でも食べることができます。少々加熱処理をしていることになりますが、味には変化はないとのことです。パッケージ裏面の説明分を意訳します。

何故デビッドソンズは最も安全な選択肢(The Safest Choice)なのか?

温水に入れることで低温殺菌し、サルモネラ菌のリスクを低減しています。

「P」のシンボルはデビッドソンが低温殺菌した卵であり、あなたとあなたの家族にとって最も安全な選択肢であるということを保証するものです。

味や栄養価に変化はありません。

デビッドソンの低温殺菌済み卵で新しいレシピ、可能性を探求しましょう。

というワケで、こんな(↓)感じで「P」のマークが卵に記されています。分かりやすいですね。

どこで買えるのか?

日系スーパー等で購入することができます。売り切れの場合もありますが、ビーフは下記のスーパーでいつも買っています。

マルカイ

マルカイはApple本社があることでも有名なクパチーノにある日系スーパーです。品ぞろえが良く、今回紹介したような日本人向けの卵の他、日本で売っているシャンプーやキッチン用品なんかも販売していますので、現地日本人の強い味方です。

 

間違えやすい「Pasture Raised Eggs」

Pasteurized Eggs(低温殺菌された卵)と間違い易いカテゴリとして、「Pasture Raised Eggs(放牧で育てられた鶏の卵)」も売っていますので注意が必要です。こちらもちょっとした高級卵なので美味しいは美味しいのですが低温殺菌はされていません。

コメント