【アメリカ生活】アメリカのガソリンスタンドでのガソリンの入れ方

アメリカ生活

アメリカのガソリンスタンドは日本でいうセルフスタイルが基本です。クレジットカード/デビットカードで支払いができますが、米国発行のクレジットカードでないと受け付けてくれないので注意が必要です。赴任後は少しの間現金支払いをすることになると思います。

クレジットカード支払いの場合

まずは給油マシンの前に駐車しましょう。こんな(↓)やつです。

クレジットカードを挿入すると、「素早く引っこ抜け」と言われるので言われた通りにします。これでスキャンされます。すると「デビットカードか?」と聞かれるので、クレカの場合はNoに相当するボタンを押します。

 

さらに「5ケタのZip(郵便番号)を入力しろ」と言われます。これが日本発行のクレジットカードを受け付けない理由です。マシンについているテンキーで数字を入れ、最後に緑のキーを押して入力完了です。

その後、「ノズルを外して給油するガソリンのタイプを選べ」と言われます。↓にあるRegular/Extra/Supremeがガソリンのランクですので黄色いボタンを押します。ちなみにディーゼル車向けに経由を取り扱っているガソリンスタンドもあるのでその場合はもう少し選択肢が多いですが、間違えないようにしましょう。

現金支払いの場合

現金支払いの場合、ガソリンスタンドに併設されている事務所兼売店のおっちゃんに話しかけないといけないです。夜だとそもそもいない場合もあります。そのときは諦めましょう。

事務所に現金を持って行き、給油したい旨を伝えましょう。するとおっちゃんは「何番が使いたいんだ?」と聞いてきてくれるので、自分が駐車した給油機?の番号を伝えましょう。渡した分の金額分だけ給油できるように設定してくれます。

おまけ

大体の場合、清掃用具も置いてありますので、給油しながら窓とかを吹いちゃうのがよいです。夜だと片付けられていたりしますが、昼間だったら窓拭き用のブラシと洗剤、ペーパータオルくらいは置いてあります。

コメント