Product Hunt(プロダクトハント)で気になったプロダクト 2019年10月30日(Line Awesome/Puppet Master/FontParings.ByPeople)

プログラミング

Product Huntはユーザー投稿型のサイトで、作成したプロダクトに関する概要を投稿することができるようになっています。投稿に対してはユーザーが投票できるようになっており、日毎/週毎/月毎にその日のNo.1のプロダクトが決定され、Product Huntで上位になったプロダクトはちょっとした箔が付く感じになります。

Product Huntは残念ながら英語版しかありませんが、スタートアップがリリースしたばかりで有名になっていない面白いプロダクトも沢山投稿されます。この記事ではProduct Huntで個人的に気になったプロダクトについていくつか紹介したいと思います。

Line Awesome

概要

938735
Product Huntより引用(https://www.producthunt.com/posts/line-awesome)

Line Awesomeはオープンソースのアイコン集です。1380以上の無料アイコンをFont Awesomeのような形で利用することができます。その名の通り、線の組み合わせで構成するといった方針?があるようで、ベタ塗りは少なめのアイコンが多いです。

作成しているのはIcon8の会社です。Icon8の統計によると、Line icon(ラインアイコン)の方が、Filled icon(フィルドアイコン)よりも人気があるのだそうです。

公式ページより引用 (https://icons8.com/line-awesome/howto)

使い方

zipで公開されているダウンローバージョンを読み込んで利用できます。またCDNからも簡単に読み込めます。


読み込み方

利用する際にはHTMLでクラスを指定するだけです。

アイコンの使い方

Puppet Master

概要

Puppet MasterはヘッドレスChromeをREST API経由で操作できてしまうというサービスです。

ヘッドレスChromeとは、Google Chrome 59から搭載されたChromeの機能で、UIなしでChromeを操作できるというものです。普通はマウス等で操作するブラウザをコマンドで操作できるので、特定の処理を自動化したりするのに利用します。定期的に特定のホームページにアクセスしてスクリーンショットを撮ったりとかができます。詳細はGoogleの公式ページをご参照ください。

使い方

REST API経由でスクリーンショット撮影やPDF作成といった機能を呼び出して利用します。

Puppet MasterはGoogleが提供しているPuppeteerというヘッドレスChromeを操作するためのツールを利用しており、公式ページでも"Puppeteer As A Service"を自称しています。

正直、開発者であれば自分たちでPuppeteerを使える環境を整えてしまえばいいと思うのですが、Puppet Masterは環境を整えることが難しい人たちをターゲットにしているそうです。またPuppet Masterはオートスケールするため、ヘッドレスChromeを活用したサービスを構築する際にも有用とのことです。

料金

無料プランと有料プランの2つが存在します。無料プランは1時間あたりのAPIコール数が10回までとかなり限られていますが、定期的にちょっとしたスクショを撮ったりする程度はできそうです。

料金 - Puppet Master公式より引用 (https://puppet-master.sh/pricing)

FontPairings.ByPeople

概要

938843

FontPairings.ByPeopleはフォントの組み合わせのプレビューを確認して、ダウンロードまでできる無料ツールです。ウェブページを作る際、ひとつのフォントだけで完結するケースばかりではなく、複数のフォントを使うことが多くあると思いますが、フォント同士の相性は実際に目で見てみないと分からない部分があります。

このサービスでは、ホームページのテンプレートに2種類のフォントがセットになったペアを当てはめて、どんな感じに見えるのかを確認することができます。日本語フォントはないため、全てのケースでは使えませんが、いい感じの英文フォントの組みわせを発見するのには使えそうです。

使い方

使い方は至ってシンプルで、初めにサンプル表示されるホームページのテーマを選択します。初期設定ではスタートアップ向けのテンプレートが表示されていますが、ECサイト用など、様々なものが用意されています。

次にフォントの組み合わせの中から適当に選択してクリックします。すると即座に右型のサンプルページのフォントが更新されるので、あとは好みのスタイルの組み合わせが見つかるまで繰り返していきます。

ライセンス

気に入った組みわせのフォントはダウンロードすることが出来ます。ちょっと意外だったんですが、今の所ダウンロードできるフォントは全て無料で利用できるもののようです。てっきり有料フォントの販売に繋げてマネタイズするのかと思っていました。

フォントのライセンス

コメント