Anker Nebula Capsule IIレビュー。バッテリー搭載でどこにでも持ち出せるHD画質のモバイルプロジェクター。

ガジェット

AnkerのNebula Capsule IIを購入したので簡単にレビューします。

概要

Nebula Capsule IIはAnkerの小型プロジェクターNebula Capsuleシリーズの新型で、シリーズでは3作目になります。通常価格は599ドルですが、プレオーダーで少し安く購入できました。

特徴

驚きのコンパクトサイズ

350mlの缶ジュース並のサイズにまとまっており、どこにでも簡単に持ち運ぶことができます。こちらは製品に同梱されているカードで、Nebula Capsule IIの利用シーンをイメージしたものです。バッテリーを搭載しているので、キャンプ・アウトドアでも使うことができます。屋内で利用する際も、空いている壁や天井に写して大画面の映像を楽しむことができます。

Anker Nebula Capsule II ユースケース

Android 9.0搭載

Android 9.0ベースのAndroid TVを搭載しており、プロジェクタ単体でもYouTubeなどのアプリを利用することができます。もちろんAndroid TV対応アプリをインストールすることで、様々なサービスを利用することができます。

多彩な入力インターフェイス

Android TVの基本機能として、Google Castにも対応していますので、PCやAndroid、iPhoneから簡単に動画をキャストすることができます。

またHDMIも搭載しているので、ゲーム機などを繋いで利用することもできます。

Anker Nebula Capsule II 入力インターフェース

スペック

項目スペック
解像度1280x720
OSAndroid TV 9.0
スピーカー8W
投影サイズ20〜100インチ
充電時間2.5時間
ビデオ再生時間3時間
音楽再生時間30時間
重量680g
インターフェイスUSB Type C、HDMI、USB、AUX-Out、Wi-Fi、Bluetooth

同梱物

Nebula Capsule II本体の他、説明書、リモコン(電池含む)、USB Type Cケーブル、充電器が同梱されています。

Anker Nebula Capsule II 同梱物

Ankerだけあって、充電器はAnker製のものでPowerPort Speed PD 30が同梱されています。これは急速充電機能のUSB Power Deliveryに対応しています。このレベルの充電器が付属してくるのは素直に嬉しいですね。

Anker Nebula Capsule II 付属充電器

動作

初期設定

起動した時点リモコンは利用できるので、設定は直感的な操作で進めることができます。またNebula Capsule II日本語にも対応していますので、特に躓く箇所はありません。

Anker Nebula Capsule II 言語設定

Android TVなのでGoogleアカウントを設定する必要がありますが、すでにAndroidを利用している場合は簡単にアカウント情報を転送できます。画面の指示にしたがって端末同士をペアリングできます。

Anker Nebula Capsule II クイックセットアップ

Googleデバイスのペアリングではおなじみの手法ですが、2つの端末が表示するコードが一致していることを確認するだけでOKです。

この後スマホ側でGoogleアカウントのパスワード入力を求められますが、Googleアカウントの転送と、スマホで利用しているWi-Fiのパスワードもそのまま転送されます。

コンパニオンアプリ

付属のリモコンでの操作も可能ですが、Nebula Capsule IIはAnker製のコンパニオンアプリでもリモート操作ができます。

Anker Nebula Capsule II コンパニオンアプリ

動作音

ファンの動作音を録音するため、デバイスの超近くでスマホを使って録画してみました。さすがに近すぎたかもしれませんが、耳がデバイスにくっつくくらい近くではこのくらいの音で聞こえます。こうやって聞くとそこそこ大きいですが、スピーカーの音も良いため動画や音楽を再生しているときは気にならないレベルです。2時間動画を再生した後も、底部が少し暖かくなる程度で、しっかり冷却されているのだと思います。

オートフォーカス

Nebula Capsule IIはオートフォーカスに対応しており、画面が歪んでるときは即座にこの機能が働きます。

明るい環境での利用

電気がついている明るい環境でもそれなりに視認性はありました。

Anker Nebula Capsule II 明るい環境での利用

もちろん暗い場所ではとても綺麗に投影されます。さすがHD。

Anker Nebula Capsule II 暗い環境での利用

その他

対応アプリ

Nebula Capsule IIのOSはAndroid TVなので、Google Playで公開されている36000以上のアプリに対応しています。ただし2019年5月現在、Netflixには対応していないようで、Google Playで検索しても検索結果に引っかかりません。AmazonプライムやdTVアプリもないため、これらのサービスを利用する場合はPCやスマホからキャストするか、HDMIで外部機器を接続することになります。

Anker Nebula Capsule II GooglePlay

ちなみにHuluは普通にヒットします。

Anker Nebula Capsule II Huluアプリ

三脚対応

本体底部にはカメラの三脚に固定するための穴がありますので、一般的な三脚グッズに接続することができます。

Anker Nebula Capsule II 底

ダイソーで売っている三脚に装着してみました。多少の角度調整はできましたが、Nebula Capsule IIの重さに耐えるにももう少ししっかりした三脚が必要そうです。

Anker Nebula Capsule II 3脚

Google Assistant対応

Nebula Capsule IIはGoogle Assistantに対応しているので、動画視聴しながらちょっとした質問をすることもできます。

 

最後に

モバイルプロジェクターを複数リリースしているだけあって、基本的な作りや性能には全く不満はありません。3脚対応もしているのが個人的にはかなり嬉しかったです。照射位置をコントロールするのにいちいちテーブルを動かしたり、高さ調整のための箱や本を用意するのも面倒ですからね。

コメント