コスパ最強ディスプレイ Dell P2419HCレビュー。USB Type C接続で60W給電も可能。

ガジェット

Dellの24インチフルHDディスプレイP2419HCを購入したのでレビューを書きます。

概要

特徴

USB Type C搭載

HDMIだけでなく、USB Type C端子を搭載しています。USBケーブル一本で接続して、ノートPCから映像を出力できるとともに、ノートPC側に60Wで給電することができます。

Macbook Pro 15インチ(2017年モデル)を利用していますが、問題なく給電できています。Macbookに付属している87Wよりも充電速度は落ちてしまいますが、これで元々のACアダプターは持ち運び用にできます。

ピボット対応

P2419HCのスタンドはピボット機能に対応しており、+90度/-90度回転して垂直状態で利用することもできます。ウェブページや論文を読むときなどに快適に利用できます。

デイジーチェーン対応

モニタ同士を直列に繋ぐことでシンプルに配線するための機能です。例えばP2419HCが2台ある場合、PC->1台目->2台目という形でスッキリ配線することができます。しかしながら、Mac OS自体がデイジーチェーンには対応していないようなので、2019年5月現在はWindows機でしか利用できません。Mac OSのアップデートに期待です。

スペック

項目スペック
モニタサイズ23.8インチ
表面処理ノングレア
解像度フルHD (1920x1080)
入力インターフェイスHDMI x 1
DisplayPoert x 1
USB Type-C x 1
その他USBハブ機能搭載

付属品

付属のケーブルは計3本で、電源コード、USB Type-Cケーブル、DisplayPortケーブルが付属します。

Dell P2419HC付属ケーブル

Dell P2419HC付属ケーブル

動作

スタンド

右側がP2419HCですが、一番下に設定されているときはこのくらいの高さで利用できます。

Dell P2419HC通常の高さ

最大まで上にあげるとこのくらいまで上がります。なので、他のディスプレイと一緒に利用する際にも高さをキッチリそろえて利用できるので安心です。

Dell P2419HC高めの高さ

給電動作

接続するだけ給電が開始されますが、一点注意点があります。それはディスプレイの電源がOFFの場合には給電されないということです。夜うっかりディスプレイの電源を切ってしまうとノートPCへの給電が途切れてしまいます。

Dell P2419HC_電源接続アイコン

ピボット

ディスプレイを回転させるためには、一度一番高い位置までディスプレイを持ち上げてから回転します。

Dell P2419HC縦

Dell P2419HC斜め

Macの場合は手動で設定してあげないと縦画面表示になりません。「システム環境設定」->「ディスプレイ」から「回転」を設定することができます。

Dell P2419HC回転設定

ケーブル

Dellのディスプレイではおなじみですが、ケーブルを通すための穴が空いてあります。ケーブルの取り回しがかなりスッキリします。

Dell P2419HCスタンドとケーブル

コメント