【ガジェット】GoogleのMVNOサービスGoogle Fiは簡単にセットアップできて料金もお得

ガジェット

日本では楽天モバイルやLineモバイルなどがメジャーなMVNO(格安スマホ/格安SIM)ですが、アメリカではGoogleもMVNOサービスを提供しています。日本でSIMロックを解除したiPhone 6Sで設定しています。

Google Fiの特徴

Google Fiは複数のキャリアの電話を利用したMVNOというのが最大の特徴です。通常のMVNOは、ドコモならドコモのみ、ソフトバンクならソフトバンクのみのネットワークを利用しますが、Google FiはT-Mobile、Sprint、US Celllar、Threeといった4つのキャリアのネットワークを切り替えて使うため、カバレッジが広いということを売りにしています。

とは言っても、VerizonやAT&Tといった大きなキャリアのネットワークと比較すると、それらのキャリアのネットワークはそれほどでも無いので、繋がりやすさの体感としては、それほど良いものではありません。

またこの複数のネットワークの機能が利用できるという特徴は、Google Fi用に最適化されたAndroidデバイス(Pixelシリーズなど)に限られるため、そうではないAndroidデバイスや、iPhoneなどではこのメリットを享受できないので注意が必要です。

パッケージ

パッケージの中身はとてもシンプルで、簡単2ステップの説明書、iPhone用のMMS設定の説明書(後述)、SIMカード、SIMピンのみが入っています。SIMカードには設定に利用するシークレットコードが印字されているため、そこは黒塗りにしています。

設定手順

ステップ1 : SIMカード挿入

普通にSIMカードを切り離して挿入するだけです。

ステップ2 : 番号を設定

SIMカードにも記載のあるURL(fi.google.com/app)から設定用のアプリをダウンロードします。

下記の画像はアプリの設定画面です。この時点で既にGoogle Fiにアタッチしているのが分かると思いますが、アクティベートはまだ完了していません。

SIMのアクティベート

まず最初にカードに記載のあるシークレットコードを入力する必要があります。画面のUIと物理的なカードのレイアウトが一致しているので迷うことなく入力できますね。

番号の取得

次に番号を取得します。といってもここはボタンを押して待っているだけです。黒塗りにしていますが、ここには電話番号が記載されています。

その他の設定

最後にその他諸々な設定をします。iPhoneの場合はMMSを利用するためには追加の設定が必要になっているのです。この設定については、ペラ紙一枚の説明書も同封されています。

設定中で最も面倒だと思われるちょっと長いURLについては、Google Fiアプリからワンタップでコピーができるので、後は貼り付けるだけで利用できます。

 

コメント