【2021年7月最新版】オススメのドライブレコーダー ベスト5 / 360度から音声コマンド・運転支援機能モデルも!

ガジェット
priscan_link

はじめに

事故にあった際にあると嬉しいドライブレコーダーですが、最近は前方だけでなく、後方や側面も撮影可能なモデルが出てきています。360度カメラを活用したものもあるため、「後方からあおり運転で煽られ、追い抜かれた後でブレーキをかけられた」といった危険運転の一連の流れを完全に記録しておくこともできます。この記事にはオススメのドライブレコーダーを紹介します。

KENWOOD DRV-CW560

KENWOODの360度カメラ搭載のドライブレコーダーです。無線LAN機能を搭載しており、スマホで録画映像を確認することもできます。

ユピテル : ドライブレコーダー Q-21A

こちらはユピテルの360度カメラ搭載モデルです。無線LANでスマホに送ったりといった機能はありませんが、2.4インチのTFT液晶を搭載しており録画映像の確認ができます。

セルスター(CELLSTAR)【360°撮影】ドライブレコーダー CS-360FH

セルスターの360度撮影可能なドライブレコーダーです。少し珍しく2カメラ方式となっており、180度視野の広角カメラを2つ設置することで360度の撮影を可能にします。2カメラ方式ではありますが、専用のビューアーが用意されており、1つの映像のようにぐるぐる回して全方向を確認することもできます。

コムテック ドライブレコーダー ZDR037

コムテックの360度撮影が可能なドライブレコーダーです。360度カメラに加えてリアカメラを備えており、高画質な後方画像映像を残すことができます。

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-MR760

こちらはKENWOODの2カメラ方式のドライブレコーダーです。360度には対応していませんが、音声コマンドで録画を開始できる機能や運転支援機能を搭載しており、先に紹介した360度のドライブレコーダーとは違った魅力があります。運転支援機能は「前方衝突警告」「車線逸脱警告」「発進遅れ警告」「リフレッシュ通知」「エコドライブ表示」などが可能で、安全運転をサポートしてくれます。

コメント