無料で使える画像処理サービスbEdit(ベディット)を公開しました。

雑記・その他

はじめに

今まであまり作ったものを公開するということをして来なかったんですが、モチベーション維持のためにも公開した方がいいなーと思い、無料で使える画像処理サービスbEdit(ベディット)を作って公開しました。

リンク

https://bedit.beefup.work/

どんなサービスか?

bEdit(ベディット)は誰でも簡単に画像処理を行えるサービスです。無料かつユーザー登録なども一切不要で気軽にお使い頂けます。複数の画像を一括で処理できるので、ウェブサイトに載せる画像を一括で編集する場合などに便利にお使い頂けます。

特徴1 : 簡単操作

bEditは画像を読み込むだけで、加工後の画像のプレビューが作成されます。ユーザーは加工後の画像を確認した上で、画像を保存するだけです。
画像の四隅を丸く削る角丸処理、画像に立体的な影をつけるドロップシャドウなどの処理に対応しています。また一度に複数の画像を読み込むことで、複数の画像を一括処理できます。

bEdit色変換サンプル

特徴2 : オフライン利用

bEditは画像加工にサーバーを利用しません。一度にページを読み込んだ後はオフラインでも利用できます。利用者の皆様の端末の中ですべての処理を行いますので、プライベートな写真や業務で扱う写真の加工にも安心してご利用頂けます。
また最新のPWAに対応しており、bEditをパソコンわスマートフォンにインストールすることも可能です。インストールしたbEditはアイコンから起動することができます。もちろんオフライン起動も可能です。

bEdit_PWAインストール画面

特徴3 : WebPフォーマットにも対応

bEditは画像のフォーマット変換にも対応しています。お好みの圧縮率を選択するだけで、最新のWebPフォーマット(*)の画像に変換することも可能です。他の画像加工処理と同じく複数の画像の一括フォーマット変換にも対応してますので、サイトの画像をすべてWebPに対応する場合などにも便利にお使い頂けます。

bEditフォーマット変換(WebP)

(*)WebP(ウェッピー)はGoogleが開発している新しい画像ファイルのフォーマットです。現在主流のjpegやpngよりも画像ファイルの容量を小さくできます。またjpegでは対応していない透過に対応しています。ただしまだ全てのブラウザで対応しているものではないため、ウェブサイトで利用する場合は、jpegなどと併用して利用する必要があります。

参考 : WebPフォーマットの対応状況

Can I use... Support tables for HTML5, CSS3, etc
"Can I use" provides up-to-date browser support tables for support of front-end web technologies on desktop and mobile web browsers.

動作環境

  • Windows/macOSの各ブラウザ
  • Android/iOSの各ブラウザ

その他

  • WebP変換はWindows/macOS/AndroidのChromeブラウザで利用可能
  • iOSでPWAのインストール機能はSafariでのみ利用可能

コメント