Product Hunt(プロダクトハント)で気になったプロダクト 2019年11月17日(Sheety 2.0 / Melody ML)

雑記・その他

Product Huntはユーザー投稿型のサイトで、作成したプロダクトに関する概要を投稿することができるようになっています。投稿に対してはユーザーが投票できるようになっており、日毎/週毎/月毎にその日のNo.1のプロダクトが決定され、Product Huntで上位になったプロダクトはちょっとした箔が付く感じになります。

Product Huntで11月17日に投稿されたプロダクトのうち、個人的に気になったものをいくつか紹介していきます。

Sheety 2.0

概要

Sheety 2.0GoogleスプレッドシートでRestfulなAPIを提供できるサービスです。

公式画像

使い方

まず利用するためにはGoogleアカウントが必要で、Googleスプレッドシートへのアクセスも許可しないといけません。ログイン後はプロジェクトの作成が可能になります。プロジェクト名と、APIを叩かれたときに返す結果の元となるスプレッドシートを作成しておき、そのURLを入力します。

今回は超シンプルに下のような感じのスプレッドシートを新規に作成してプロジェクト作成時に指定しました。

プロジェクトを作成した後は色々設定ができるようになります。デフォルトではHTTP GETしか許可されていませんが、必要に応じてPOST/PUT/DELETEも許可することができるようです。また上のスプレッドシートで1行目に記入しておいたNameとValueも認識されているようです。

設定

準備が出来たら設定を保存して、ターミナルからcurlを叩いてみるとちゃんと結果が帰ってきます。ちょっとしたプロトタイプを仮に作っておくのには非常に便利なのではないでしょうか?

料金プラン

Sheetyはお試しのFreeプランでは毎月500回までのAPIコールしかできません。5.99ドルのMore Sheeyプランでは5万回まで、29.99ドルのExtremely Sheetyプランでは35万回までにパワーアップします。これ以上のプランは現在のところはないようです。

料金プラン

Melody ML

概要

Melody MLmp3ファイルの音源を分解してくれるウェブアプリです。現在のところ料金プランのようなものは用意されておらず無料で利用できます。

使い方

まずメールアドレスを入力する必要があります。後ほど分解したmp3ファイルのダウンロードリンクが送られてくるようです。

次に「Upload MP3」から任意のmp3ファイルをアップロードし、分解のオプションを決定します。

アップロードを完了するとこんな感じで受付が正常に終了したことを知らせてくれます。大体2分〜20分かかるそうです。日本語ボーカルの入った曲を入れてみましたが、正しく分解されるのでしょうか?

受付完了画面

少し経ったらメールが送られてきました。

ファイルはzipで固められており、中身はこのように分解されたmp3が入っています。試しにvocalsを再生してみました。一部人間以外の音も入ってはいるものの、ほとんどのパートで人間の音声だけが綺麗に残っている感じでした。プロの人のアカペラを聞いているみたいでちょっと面白いです。残りのファイルを再生すればカラオケもできますね。

日本語ボーカルが綺麗にいけたのはビックリしましたが、このプロダクトではSpleeterというライブラリを使っていて、英語と日本語でリサーチがされているようでしたので、ひょっとしたらドイツ語とかの方が苦手なのかも知れません。

コメント